アパート経営の失敗した事例を知り己を見直すべき

国内外の不動産投資

セミナー

不動産投資セミナーを通じて国内外の物件についての理解を深めることが、グローバルな視点で資産運用を始めるときの基本です。海外への投資も魅力的ですが、安定性重視の賃貸経営を行いたい場合には、国内のアパートや各種新築物件への投資を行うのがポイントです。

もっと見る

物件購入の傾向と対策

模型

投資用マンションを購入するときには、将来的な高齢化も視野に入れるなど、時代を先読みする姿勢が大切です。高い利回りが持続できる物件や入居者が興味を持つ物件が投資には最適であり、融資が受けやすいマンションを購入するのが賢い方法です。

もっと見る

アパートの経営の参考例

集合住宅

アパートの経営を学ぶ

土地のオーナーからすると、ただ固定資産税を支払うだけでなく、収益が上がるようにもしたいものです。そこで賃貸アパート経営に関心を持つ方も多くいます。しかし賃貸アパート経営は必ずしも安定的な収益につながるとは限りません。むしろ失敗の事例も数多くあります。失敗の事例から多くを学び、はたして賃貸アパート経営をするべきかという大きな参考にするべきです。賃貸アパートの経営は初期投資が大きく、ローンを組むことが一般的です。そのために空室が目立つなど、収益力が低下すると、当初計画していたローンの返済にも影響が出ます。賃貸アパートを経営することによって、副収入を確保したり、老後資産を確保するといった当初の見込みが外れないようにしなければなりません。

先行の例から学ぶ

不動産会社による収益性や節税のメリットなど都合のいいことばかりを耳にして賃貸アパートの経営をすると失敗の事例になりかねません。アパートをたてたいと思う業者や融資をしたい金融機関の思い通りに大切な土地を活用される羽目になりかねません。今後は人口が減少してくることが明らかですから、住宅事情を慎重に長期的に見極めないと空室が目立ち、家賃を下げないといけなくなります。特に郊外の土地では将来は入居者を募りにくくなるのがあきらかですから、アパート経営で失敗の事例とならないように踏みとどまる決断も必要でしょう。賃貸アパート経営は、短期の利益ではなく、長期に渡ってローンの返済をしながら収入も得るビジネスモデルですから、途中で頓挫しないように慎重でなくてはなりません。

不動産のファイナンス

講義

東京オリンピックが予定されている日本では、海外の投資家たちが不動産投資に東京を選んでおり、投資の活性化が期待されている。またそれに伴い日本の投資家もリスクヘッジもかねて不動産投資セミナー等のプロのアドバイスによって、適切な投資を行うべきです。

もっと見る